建築設計

  • HOME »
  • 建築設計

株式会社北工房

札幌市の定建築物定期報告は「株式会社 北工房」にお任せ下さい。設計事務所の確かな技術と経験で、アフターフォローまでしっかり対応。特定建築物定期報告の無料相談も行っております。定期調査・定期検査お気軽にご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不特定多数の人たちが多く集まる大型デパートやホテル、そして病院などといった施設は、当然ながら特定建築物定期報告が必要となります。特定建築物定期報告の依頼書が届いたら、それを無視せずに、早めに提出することが大事です。無視し続けると建築基準法により、罰則の対象になってしまいます。ただ、どこの業者に特殊建築物等定期調査を依頼すれば良いのか、わからないこともあるでしょう。北海道の場合は、札幌で活躍中の株式会社北工房がお勧めです。株式会社北工房は、建築事務所であり、様々な建築物に精通しています。大型施設の構造はもちろんのこと、避難口やその避難経路、そして換気口の構造等に関しても理解しているので、問題のない調査をスピーディーに行ってくれるでしょう。お願いをする際には、電話連絡やメールでの連絡を行い、依頼をするのが基本となります。その後に打ち合わせをすることになりますが、施設の設計図、それから以前の調査の報告書等があれば、さらに打ち合わせをスムーズに進めることが可能です。今までの調査報告で、改善しなければならないポイントがあると感じるなら、素直に申し出てみましょう。株式会社北工房であれば、改善点をしっかりと探り出して、見つけてくれます。今まで以上に良い特殊建築物等定期調査を行ってくれるので、頼りがいのある業者となるはずです。北海道札幌市でも特に活躍している業者となっており、その証明として北海道放送でも頻繁に取り上げられているでしょう。様々なメディアで取り上げられているというだけでも、信頼性の高い会社だというのがよくわかります。また、調査の後にもし修繕箇所等が見つかった場合は、遠慮なく申し出ることが肝心です。株式会社北工房は、その修繕作業も滞りなく行ってくれますし、その他のアフターフォローも、すぐに応対してくれるでしょう。調査してそのまま終わってしまう業者もいますが、株式会社北工房は、最初から最後までしっかりと面倒見てくれます。
Tagged on: , 特定建築物定期報告は札幌「株式会社 北工房」にお任せ下さい|定期調査・定期検査
PAGETOP
Copyright © サイトリンク大図鑑 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.